Installation shots by Yuya Saito


Timo Herbst   Zipper Merge 2024

KEN NAKAHASHIでは2024年4月26日(金)より5月25日(土)まで、ティモ・ハーブストの個展「Ephemera」を開催いたします。

ハーブストは、芸術、日常、政治の領域における人体の動きや動作の構成要素に注目し、集団の行動や記憶から浮かび上がる身体的表現の重要なイメージを取り込みながら、ドローイング、映像、彫刻などを駆使したマルチメディア・インスタレーションを数多く制作してきました。
特に活動の初期から制作を続け常に進化するドローイングは重要な実践となっています。
二つの異なる時間軸や表現方法の図像がレイヤー状に重ねられているのが特徴です。
「一つの作品には常に二つのストーリーがあり、それぞれの状況や出来事の間に共通点を見出すことができる」とハーブストは述べています。
ドローイングの主な代表作品に、ダンサーの複雑な足もとの動きを描写した《Gene. K》(2010-11年)、二人の指揮者の手の動きを重ね合わせた《Presto ma non assai》(2011年)や《Fireworks (Tschaikowsky)》(2011年)があります。また、15世紀から20世紀にかけてのドイツにおける社会運動や革命運動について、新聞、チラシ、ポスター、古文書などを調査し、身体のポーズや歴史的表象をもとに年代順に描いたドローイング《Ephemera》(2022-23年)では、抗議行動のジェスチャーのライブラリーのようなものを確立し、これらの動きが美術というメディアによってどのように伝えられ扱われてきたかを示すことで、鑑賞者を行動の中心に据えることを目指しています。

KEN NAKAHASHIでの初の個展となる本展は、初期のドローイングの他、《Ephemera》の継続的制作である新作のドローイングから、約10点を厳選して構成されます。

ティモ・ハーブスト
1982年ドイツ生まれ。ブレーメン大学で哲学と文化学を専攻した後、ライプツィヒ視覚芸術アカデミーで美術を学ぶ。
ドイツ政府によるパリ国際芸術都市でのフェローシップや、フィミンコ財団でのレジデンス・プログラムを経て、現在はパリを拠点に活動。
近年の主な展覧会に、「100% L’EXPO」(ラ・ヴィレット、パリ、2023年)、「Odysées Urbaines」(フィミンコ財団パリ/ロマンヴィル、2023年)、「Play by Rules」(ゲッピンゲン美術館、個展、2023年)、「The invisible thread」(AVA Gallery、 ケープタウン、2023年)、「Play by Rules」(LOAF京都、個展、2022年)、「Überdie Zeichnung hinaus」(ZAK現代美術センター、ベルリン、2022年)、「Bühne Total」(バウハウス・ミュージアム・デッサウ、2019年)、「Rhythms」(アートテック美術館、ケルン、個展、2019年)など。
作品はドレスデン美術館、ゲッピンゲン美術館、アートテック美術館、バウハウス・ミュージアム・デッサウなどにコレクションされています。
ティモ・ハーブスト「Ephemera」
2024年4月26日(金)-5月25日(土)
開廊日時: 火-土、13:00-20:00
休廊: 日・月
https://kennakahashi.net/ja/exhibitions/ephemera KEN NAKAHASHI is pleased to present Timo Herbst’s solo exhibition, from Friday 26 April to Saturday 25 May 2024.Herbst’s interdisciplinary practice centers around selecting movement or choreography from artistic, everyday, and political spheres as a starting point for multimedia installations that include drawing, video, and sculpture. The artist’s focus on the emergence of pertinent images of collective action and collective memory is linked to the use of gestural and physical forms of expression and their representation.
Drawing is an important practice for Herbst, especially as is has been produced since beginning of his career and is constantly evolving.
His drawings combine imagery from two different times and representations. Herbst says: “There are always at least two stories in each work, for the viewer to discover commonalities between each situation or event.”His major drawing works include Gene. K (2010-11), which depicts the intricate movements of dancing feet, and Presto ma non assai (2011) and Fireworks (Tschaikowsky) (2011), which superimpose the hand movements of two conductors.
And Ephemera (2022-23) is a chronological drawing of gestures and historical representations based on newspapers, leaflets, posters and archives of German social and revolutionary movements between the 15th-20th centuries.
In this work, Herbst establishes a library of protest gestures to demonstrate how these movements can be communicated and manipulated by the medium of art, putting the viewer at the centre of the action.

The exhibition will comprise a selection of around 10 drawings from the early years as well as new drawings that expand his practice on Ephemera.
 Timo Herbst
Born in Germany in 1982. After studying philosophy and cultural studies at the University of Bremen, he studied art at the Leipzig Academy of Visual Arts. 
After having had fellowships by the German government at Cité internationale des Arts and french residency program Fiminco Foundation, he is currently based in Paris. 
Recent major exhibitions include 100% L’EXPO en plein air (Parc de La Villette Paris, 2023), Odysées Urbaines (Fiminco Foundation Paris/Romainville, 2023), Play by Rules (Kunsthalle Göppingen, Solo, 2023), The invisible thread (AVA Gallery, Cape Town, 2023), Play by Rules (LOAF Kyoto, Solo, 2022), Über die Zeichnung hinaus (Center of contemporary Art [ZAK], Berlin, 2022), Bühne Total (Bauhaus Museum Dessau, 2019), Rhythms (artothek – Museums Cologne, Solo, 2019).
His works are in the collections of the Staatliche Kunstsammlungen Dresden, Kunsthalle Göppingen, artothek Cologne, Bauhaus Museum Dessau, among others.
 Timo Herbst Ephemera
2024.04.26(Fri)–05.25(Sat)
Open Hours: Tue–Sat, 13:00-20:00
Closed: Sun, Mon
https://kennakahashi.net/en/exhibitions/ephemera


Timo Herbst   Zipper Merge 2024
アーティスト、作品などについてのお問い合わせ
For inquiries about artworks, artist, please contact below
中橋  Nakahashi (03-4405-9552)
info@kennakahashi.net